« Hardship externals | トップページ | 休日の朝 »

2008年2月26日 (火)

chooses

P1020289
自分で決めて自分で選ぶ。失敗しても悔いは無い。それが私の人生だから。

« Hardship externals | トップページ | 休日の朝 »

LUMIX LX2」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最近のなすさんの画とコメントは‥何か、生死を選ぶかのような緊迫感を感じてしまうのは、私だけだろうか‥。

今まで非人道な生き方しかできなかった私だか‥私自身に自信がなく、ただ強がっていた時分に、
上記のなすさんと同じ言葉をいつも吐いてきた。
悔いというのは感情で少しはコントロールできるが、心の中のしこりは一生つきまとう。

なすさん、少しお疲れでは?
流れに身を任せて、ゆとりを得てみたらどうか。
そうすれば苦しむ事なく、答えが見えてくる。
選択とは、そういったものだと思う。
大人になるとは、そういった部分ではないか。

心から笑顔になれる日、癒される画、待っています^^


やまじさん
こんばんは。
いやぁ・・そんな風に酌んでいただきましたか。
画から私の気持ちを読み取ろうとしていただけるのは
撮る側の醍醐味ですね^^
生きていると、何かしら選択しながらの日々になると思うんです。
時には柔軟に、そして時には流されず・・
最後の責任は人のせいだけにはしたくないので・・
そう思っています。

大人になる・・
私は、「なぜ選択の場が来たのか」を
考える事もその一つなのかな?と感じ始めています。

なすさん、安心しました^^
こんな所で言う事ではないかもだが、私は死期が近いせいか^^;変に目が冴えてしまったというか、敏感になってしまった部分がありまして‥。
気に障ったコメント、申し訳ない。

なすさんのいうように、すべての事柄において、選択は必要ですよね。
だからといって、選択=切捨て、ではない(笑)
今時点の選択から、また、新たに選択肢が生まれたりもするから^^

私の場合、一つ救われたのは、しこりの残らない選択をしてこれたことかなぁ(笑)
「なぜ俺が、親の面倒をみなくちゃならないのか」
「なぜ、近寄るな!とまで思った女が、女房なのか」
などと、不思議に思う事が多々あるが、それらが、今は、なぜか、笑える(笑)
人生とは、愉快だ(笑)

なすさんも、なすさんに関わりのあるモノ・人‥
お互い、成長しながら、生きていけたらいいですね!

なすさんの画に出会えたこと、私は、とても嬉しく、感謝しております!


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101554/40282367

この記事へのトラックバック一覧です: chooses:

« Hardship externals | トップページ | 休日の朝 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

なすのオススメ

【特集】 花 & macro

  • 0785_web
    花の画像をメインに更新しています。 2009.6.4 10枚追加。NEW!!

grow

無料ブログはココログ